トップ > インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL3.0」の脆弱性について

インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL3.0」の脆弱性について

インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL3.0」に脆弱性が発見され、「SSL3.0」を使用している場合、悪意のある第三者からの攻撃により通信の一部が第三者に漏えいする可能性があることが報告されています。


当組合の「しょうしんインターネットバンキングしょうしんビジネスバンキング」「しょうしんでんさいサービス」は、平成27年6月1日より「SSL3.0」を無効化し、この脆弱性の影響を受けない暗号化方式「TLS1.0」を有効化します。

 

インターネット閲覧用ソフト(ブラウザ)ごとの設定方法がございますので、くわしくは以下の独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のサイトでご確認ください。

 

» SSL3.0の脆弱性対策について

 

なお、この設定により他のシステムやインターネット閲覧等に影響が出る可能性がありますので、お客様ご自身のパソコン環境等をご確認いただいたうえで、お客様のご判断のもとで設定していただくようお願いいたします。